なにかが入って、なにかが出る

カガク (化学・科学) 、留学、資格など、経験談を気ままに発信していきます

絢香「10th Anniversary SUPER BEST TOUR 追加公演」ライブに行ってきた

こんにちは。てけです。

 

 

タイトルの通り、日本武道館まで、歌手の絢香さんのライブに行ってきました。「10th Anniversary SUPER BEST TOUR」という、絢香さんにとって、活動開始してから10周年目の記念ツアー最終公演とのことで、ワクワクしながら行ってきました。

 

room-ayaka.jp

 

ライブの写真とかはとってはいけないことになっていたから、写真をアップすることはできないけれど、本当に楽しかった!そして、

 

絢香さんの声、通りすぎ!やっぱりプロですね!

 

もちろんマイクのおかげもあるかもしれないけれど、やっぱり絢香さんの声量はすごい!「I believe」の時から、「いい声してるなあ」って思って聞いていたけれど、ライブだとさらにすごい。声量がとにかく凄まじかった。しかもその声の質が劣ることなく、2時間半ほぼぶっ通しで歌い続けってやっぱりすごいわ。

 

アルバムとライブのクオリティって必ずしも一致しないこともあると聞くけれど、絢香さんの場合は、その心配は皆無です。むしろ生声の方がすごいです。

 

今の時代、一般の人でも、カラオケが上手い人も多いし、下手したら歌手になれるんじゃね?って思う人もいるけれど、そんな人でも、その声のレベルをずっと維持できるかと言われれば、わからないですよ。そんな中、声の調子を落とさず、2時間半ぶっ通しで歌えるのは、やはりプロのすごいところだなあと本当に感動しました。しかもツアーになれば数ヶ月の間、移動をしながら歌い続けるわけで、喉の状態をベストに保ちながらツアーを完遂するって本当に大変なことなんだろうなあと思ってしまいます。

 

しかも10年続けていらっしゃるわけなので、本当に頭が下がります。ここまできたら職人の領域ですよ。すごい!

 

同時に、お客さんとのコミュニケーションをすごく大事にされていたのも、すごいなあと思いました。お客さんの中で、ものすごくでかい声で「絢香さぁぁぁ〜〜〜〜〜〜〜〜ん」って叫んでいるお客さんがいたけれど、「ホンマよう喋るね。」とか突っ込んでいたり。お客さんからの歓声に頻繁に答えていたのがすごくいいなと思いました。

 

ライブの中身は、基本的には、絢香さんのアルバム「THIS IS ME ~絢香 10th anniversary BEST~」から選曲されたものです。追加公演とのことで、以前の(本流の)ツアーとは異なる曲のラインナップだったそうです。「CLAP & LOVE」とかは、絢香さんは「本当に久しぶりに歌います。」って言っていたので、ここら辺は、追加公演だから入れた曲だったのかもしれないです。

 

ライブが終了した後に、初回盤含めて、CDを再度売ってくれていて本当に助かった!即決で購入しました!そして、ライブ特典のポスターもゲット!調べてみたら、Amazonでもポスター付きのアルバム売っているようだけれど、やっぱりライブの後に買うアルバムは最高っすね!

 

初回盤

 

 

これも初回盤のようです。少なくとも、初回盤にはCD3枚と、DVDが付いているみたいです。 

THIS IS ME ~絢香 10th anniversary BEST~(CD3枚組+DVD)

THIS IS ME ~絢香 10th anniversary BEST~(CD3枚組+DVD)

 

 

 これは通常盤のようです。

THIS IS ME ~絢香 10th anniversary BEST~(CD3枚組)

THIS IS ME ~絢香 10th anniversary BEST~(CD3枚組)

 

 

(注意!) 絢香さんのアルバム「THIS IS ME ~絢香 10th anniversary BEST~」には、いろいろなバージョンがあるほか、Amazonで買う場合には、売り手によって価格が結構違います。僕のこの記事についているリンクは、最安値のリンクではないかもしれません。その点は気をつけて、必要に応じてAmazonの中を探検してみてくださいね。

 

この記事を書きながら、まだ余韻に浸っています。本当は、ライブの詳細な解説をできればよかったのだけれど、曲の一曲一曲に興奮していてあっという間に終わってしまい、ぼんやりとした余韻が残っているだけなんですよ。本当にすみません。

 

あと、絢香さんのライブを通して、日本とアメリカのライブの違いについて、思い出したことがあったので、ちょっとだけお話しします。

 

日本のライブは、本当にコンサートに近いですよね。皆さん、じっくり聴いています。ジェスチャーも、手拍子以外は、絢香さんがしているジェスチャーを皆でしていくという感じですね。歌手のパフォーマンスを引き出し、鑑賞する場合には、もってこいの環境です。じっくり味わうタイプの歌手には、この環境が最高です!

 

アメリカだと、圧倒的な違いは、「歌手と一緒に、本気で歌い出す人が多い」のと、「ジェスチャーがもっと派手」なところがあります。なので、一体感が半端じゃないんですよね。会場が声で震えることもあるくらいすごいこともあります。歌手と観客が一体になった方が映えるライブは、観客がはしゃいでいた方が、ゾクゾクして、気持ちいいです!

 

僕はどちらのスタイルも好きです。絢香さんのライブの場合は、日本式の方がいいかなあ。やっぱり、絢香さんの曲には、落ち着いた曲が多いから、じっくり聴きたい!

 

でも、例えばロックとかだと、アメリカのライブ環境だと、ハイになるまでのスピードが早いです。歌が始まって、速攻で頭が沸騰し始めます。

 

いずれにせよ、ライブは本当に、いいものです。また機会があったら行きたいですね。もっと他の歌手のライブも行こうかな!

 

広告を非表示にする