なにかが入って、なにかが出る

カガク (化学・科学) 、留学、資格など、経験談を気ままに発信していきます

【アメリカ大学院留学】英語圏の大学を卒業しておくと、TOEFLが免除されますよ!

f:id:arts_and_sciences:20161123135612j:plain

photo credit: MinesCERSE UGrad2016-17 via photopin (license)

 

こんにちは。てけです。

 

アメリカの大学院の秋学期入学への出願の締め切りが年末ごろにありますね。応募に必要な書類の作成、試験の受験、推薦状の依頼など、ラストスパートの期間になりました。

 

その中で、外国人が出願する際に、特に難関なのは、GREとTOEFLiBT (あるいはIELTS)ですよね。この2つのうち、TOEFLiBT (あるいはIELTS) は、実は免除できる場合があるのです!大学によって免除できるかは異なりますが、その条件は…

 

英語圏の大学を卒業すること!

 

なのです。

 

大学によっては、「2年以上、英語圏の大学にて勉強をすれば良い」、といったものや、「〇〇単位を英語圏の大学で取れば良い」というものもありますが、確実にTOEFL免除の恩恵を得たければ、卒業するのが一番いいです。

 

英語圏の大学を卒業して、日本へ貢献したいと胸に秘めて日本で就職しても、「留学したって関係ないんだよ!」と言われ続けてヘコんでいる方々へ、これは朗報です。留学した恩恵は、将来、海外の大学院に社会人留学したくなった時に、しっかり得られます。

 

(ここで、海外で修士号を取得された方に注意なのですが、「TOEFLの免除は、修士号の取得者には適用されない」ことがあります。学士でも、博士でも免除されるのに、修士は免除されないところがあるのです。)

 

では、実例を見てみましょう。ご参考まで、U.S. News and World Reportにて、アメリカの化学工学科のトップ10にランクイン (2016年) している大学院のTOEFL事情をご紹介します。

 

1位: マサチューセッツ工科大学 (Massachusetts Institute of Technology)

免除されます。英語圏の大学 (学部のみ) で学士を取得済みか、取得予定の場合のみです。

"The TOEFL/IELTS is waived for applicants who are citizens of Australia, Canada, India, Ireland, New Zealand, Nigeria, Singapore, or the United Kingdom, or for applicants who have or will earn a BS degree at a US university."

 

2位タイ: カリフォルニア工科大学 (California Institute of Technology)

免除されます。2年以上米国で勉強するか、米国以外の英語圏の大学で学位を取得済みの場合です。

"Students coming from non-English speaking countries are required to take an English proficiency exam. However, students who have studied in the U.S. for 2 or more years, or who obtained a degree from a school whose primary instruction is in English are exempt from this requirement."

 

2位タイ: カリフォルニア大学バークレー校 (University of California - Berkeley)

免除されます。米国内の教育機関 (大学) で少なくとも1年間は勉強し、B以上の成績を平均で取った場合です。

"The TOEFL/IELTS requirement can be waived if you have studied at a U.S. institution of higher education for at least a year and received grades of B or better. In that case, an official transcript from that institution can be used as evidence of English language proficiency."

 

2位タイ: ミネソタ大学 (University of Minnesota - Twin Cities)

大学全体では、米国内か英語圏の国で認定された大学で、24クオーター単位または16セメスター単位を過去24ヶ月の間に取得済みの場合に免除できますが、学科レベルではすべての外国人の生徒に提出を求めています。

大学全体 -

"EXCEPTIONS: Applicants who have completed 24 quarter credits or 16 semester credits (within the past 24 months) in residence as a full-time student at a recognized institution of higher learning in the United States (or other English-speaking country) before entering the University of Minnesota may be exempted from this requirement.  However, your graduate program of interest may not allow this exception so you must follow the application requirements of that graduate program."

学科 -

"Our Department requires TOEFL scores for admission. You should enter your scores in the Test Information-Self-Reported field in ApplyYourself."

そして、TOEFL iBTの要件は以下のようになっています。

"79 or above with section scores of 21 on writing and 19 on reading"

 

5位: スタンフォード大学 (Stanford University)

免除されます。英語圏の、認可を受けた大学で、学士、修士、または博士を取得済みであれば免除です。

"Scores are required from all applicants whose first language is not English regardless of citizenship, except for those who have completed a bachelor’s, master’s, or doctoral degree at an accredited institution in which English is the sole language of instruction."

 

6位: ウィスコンシン大学マディソン校 (University of Wisconsin - Madison)

免除されます。しかし、こちらは条件が若干厳しく、入学学期から5年を超えない期間の間であれば、英語圏の大学で2セメスター分を履修した方が免除されるようです。

"Applicants who have completed a minimum of two full-time semesters of graded course work, exclusive of ESL courses, in a U.S. college or university where English is the only language of instruction at the undergraduate level, not more than 5 years prior to the anticipated semester of enrollment, are exempt from the TOEFL requirement. "

 

7位: テキサス大学オースティン校 (University of Texas - Austin)

免除されます。英語圏の大学で学士を取得済みであれば、免除です。しかし、修士のみを英語圏の大学院で取得した人は免除されませんなお、化学工学科のウェブサイトには、学科固有の免除要件はないようです。代わりに、大学全体での要件が下のように示されています。

"International applicants who are from a country where English is the only official language are exempt from this requirement. Additionally, applicants are exempt from the requirement if they possess a bachelor's degree from a U.S. institution or an institution in a country where English is the only official language. (Note: The Master in Professional Accounting [MPA] program requires a language test for all international applicants.) The requirement is not waived for applicants who have earned a master's—but not a bachelor's—degree from a similar institution."

 

8位: ジョージア工科大学 (Georgia Institute of Technology)

免除されません!TOEFL iBTで85点が課されています。

"for international students, TOEFL scores (minimum 85)"

 

9位タイ: プリンストン大学 (Princeton University)

免除されます。少なくとも、学士を取得済みであれば免除になりそうです。

"Applicants whose undergraduate institution is located outside the United States (or the United Kingdom, Australia, New Zealand, and Anglophone Canada) must also submit scores from the Test of English as a Foreign Language (TOEFL)."

 

9位タイ: カリフォルニア大学サンタバーバラ校 (University of California - Santa Barbara)

免除されます。米国内で学位を取得済みの場合のみ免除されます。

"The TOEFL or IELTS exams are required for all International students whose native language is not English. The only exception is granted to those who have completed a degree program in the United States."

 

9位タイ: デラウェア大学 (University of Delaware)

免除されません!TOEFL iBTで100点、TOEFL PBTで600点が課されています。レベル高いっ!

学部レベルでも、大学レベルでも、免除はなさそうです。

学部レベル: Non-native speakers of English (international students) are required to achieve a minimum score of 600 on the paper-based TOEFL (PBT) and 100 for iBT. 

大学レベル: Proof of English proficiency is required of all international applicants prior to beginning graduate course work at the University of Delaware, and waivers are only allowed in limited circumstances.

 

TOEFLの免除基準について、特に3つのことに注意をしておいて欲しいです。

(1) TOEFLの免除基準は、受験年度によって変わる可能性があります。本記事の情報の正確性は、可能な限り高めてあるつもりですが、志望校のTOEFLが免除か否かは、必ずご自分でも、直接調査をして欲しいです。

(2) TOEFLの免除基準には、「大学全体の基準」と「学科の基準」があり、一般的には、「学科の基準」が、「大学全体の基準」よりも優先されることに注意して欲しいです。なので、「大学全体では免除だけど、学科では必須」となったら、必須です。他にも、免除基準は学科によって異なりますので、例えば、同じ大学でも、「化学工学科では免除だけど、英語学科や歴史学科では必須」ということもあり得ます。

(3) この記事を見てくださった時点で、英語圏の大学に在学中の方は、まだ学位を取得してはいないので、TOEFLの免除を受けられない場合があります!この免除基準は、学位を取得しているかどうかを基準に作られているものが多いためです。

直接調査をしても不安な場合は、思い切ってメールや電話で担当者に聞いてしまいましょう!

 

 

このように、ざっとみても、米国や英語圏の大学を卒業していれば、トップ校の多くで外国人の英語試験が免除されるのです。もし、「米国の大学院に行きたいけれど英語のブランクが…」と思っていらっしゃる方へ、トップ校も門戸を開いています!思い切って行ってみてもいいかもしれませんよ!

 

広告を非表示にする