なにかが入って、なにかが出る

カガク (化学・科学) 、留学、資格など、経験談を気ままに発信していきます

なにかが入って、なにかが出る

f:id:arts_and_sciences:20161123134126j:plain

photo credit: OneEighteen Chemical Tanker, Aug 11 via photopin (license)

 

こんにちは。てけです。

 

日常生活の中にあるカガクについて、そして自分の好きなこと、気づきなど、思いのままに、ひっそりと書いていきたいと思います。

 

タイトルの「なにかが入って、なにかが出る」という言葉は、僕が大学生の時に、一番最初に学んだ言葉です。専門的に言えば、「物質収支 (mass balance)」です。化学工学の世界では、このmass balanceと、もう一つの法則である「エネルギー収支 (energy balance)」を骨の髄まで叩き込み、世界の謎に挑みます。僕は今まで何度、この言葉をつぶやきながら過ごしたことか…もはや呪文です。僕の原点です。

 

このように書くと、カタく聞こえてしまいます。でも、「なにかが入って、なにかが出る」という言葉は、日々の生活に浸透しているのです。もうあらゆるところに、隠れているのです。カガク (化学や科学) の世界や工学の世界は、人間が作るもの以上に、自然が作るものを見ると、より面白いと思っています。

 

僕は、そんな縁の下の力持ちのような存在の化学工学の世界を勝手に発信していきたいと思います。

 

ただ、それだけでは自分の「何かを発信したい欲」を抑えることができないので、自分の得意なこと、好きなこと、日々の生活で得られた気づきなど、これまた勝手に書いていきたいです。

 

うーん、なんか真面目な文になってしまいました。でも、これも僕です。いつかはもっとハジけた文を書きたいと夢見ながら、とりあえず書く。とにかく書き続けてみたいと思います。とにかく何かを、世界のどこかに向けて発信していきます。